毎年、上位のみならず、下位爭いにも大きな注目が集まる「都道府県魅力度ランキング」。その最新版である「都道府県魅力度ランキング2019」が10月17日、発表された。2018年まで6年連続で最下位となっていた茨城県は今年、何位になったのか。

每年的“都道府縣魅力度排行榜”,不僅是首位,連末尾名次的爭奪也受到很大的關注。最新版的“都道府魅力度排行榜2019”于10月17日發表。到2018年為止連續6年排在最末的茨城縣今年是第幾呢?

調査を行ったのは、民間調査會社のブランド総合研究所。このランキングは、47都道府県と國內1000の市區町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全84項目からなる「地域ブランド調査2019」によるもので、今年で実施は14回目。全國3萬1369人から有効回答を得た。

進行調查的是民營調查公司品牌綜合研究所。這個排行榜根據以47都道府縣和日本國內1000個市區鎮村為對象,根據從知名度,魅力度,印象評價等84項內容制作而成的“地域品牌調查2019”而來,今年是第一4次進行調查。從全國獲得了3萬1369人的有效回答。

1位は11年連続の北海道 大阪府は自己最高位の6位に

北海道連續11年獲得第一?大阪府上升至歷史最高的第六

2019年の都道府県魅力度ランキング1位に選ばれたのは北海道で、11年連続のトップとなった。2位は京都、3位に東京が続き、5位神奈川県までは昨年と全く同じ順位だった。

2019年都道府縣魅力度第一的是北海道,連續11年獲得第一。第二是京都,接著是第三的東京,到第五名的神奈川縣都是和去年一樣的順位。

6位になったのは昨年7位の大阪府で、自己最高位となった。大阪府は、今年6月にG20サミットが開催され、今年7月には「百舌鳥?古市古墳群」が世界遺産登録された。そして2025年には大阪萬博が行われるなど、こうした大きなトピックが魅力度に好影響をもたらしたようだ。

去年第七的大阪府今年第六,是歷史上最高名次。大阪府今年6月召開G20峰會,7月“白舌鳥?古市古墳群”被列為世界遺產。而且2025年還將舉行大阪世博會,如此大型熱門的活動對魅力度提升是加分的。

石川県は昨年の11位から2つ順位を上げて9位となった。その代わりに昨年よりも順位を落としたのが、長野県と長崎県だ。長野県は前年9位から10位に、長崎県は前年10位から11位へとランクダウンした。

石川縣從去年的十一名提升兩個名次至第九。而相對的長野縣和長崎縣排名下降。長野縣從第九掉到第十,而長崎縣從第十跌落到十一。

茨城県が7年連続の最下位 埼玉県は『翔んで埼玉』、徳島県は『紅白』が好影響

茨城縣連續7年墊底 電影《飛翔吧埼玉》和紅白分別給埼玉縣、德島縣帶來好影響

一方、下位に目を移すと、茨城県は殘念ながら7年連続最下位(47位)という結果になった。同じ北関東の群馬県は45位、栃木県は43位に。ワースト2位(46位)は、前回44位の佐賀県となった。前回40位臺だった都道府県は、岐阜県(今回36位)を除いて、今回も40位臺と、下位の順位もほぼ“安定”してしまっている。

另一邊,來看一下末尾排名,很遺憾結果是茨城縣連續7年墊底(47名)。同樣是北關東的群馬縣是45名,櫪木縣是43名。倒數第二(46名)是上次獲得44名的佐賀縣。上次都道府縣排名在40后的,除了岐阜縣(本次36名),這次也基本處于40名之后。

そんな中でも、40位臺で順位を伸ばしたのが埼玉県と徳島県だ。

其中,排名有上升的是埼玉縣和德島縣。

埼玉県は、昨年43位(11.4點)から41位(12.8點)へと2つランクアップした。やはり大きな影響をもたらしたのは、今年2月に公開された映畫『翔んで埼玉』だ。同調査の中で「ドラマや映畫?アニメなど」を介した情報接觸度を調べた項目では、埼玉県は昨年21位(接觸度3.1%)から3位(11.3%)へと大きく順位を上げた。

埼玉縣從去年的43名(11.4分)上升兩個名次到41名(12.8分)。其中今年2月上映的電影《飛翔吧琦玉》的影響是巨大的。在調查中,通過“電視劇電影動漫”接觸到該地區相關信息的調查結果中,埼玉縣從去年21名(關注度3.1%)到今年第3名(11.3%)有了很大的提升。

しかし、愛著度については昨年46位(41.3%)から今年は47位(41.6%)と、この映畫は埼玉県への愛著にはつながらなかったようだ。

但是,喜愛度反而從去年的46名(41.3%)降到今年的47名(41.6%),看來這部電影沒能讓大家喜愛上埼玉縣。

徳島県は、昨年の46位から44位へと順位を上げた。この要因として考えられるのが、2018年大みそかのNHK紅白歌合戦だ。シンガー?ソングライターの米津玄師さんが、地元徳島県鳴門市の大塚國際美術館から歌唱したことで、同スポットが大きな注目を集めている。

德島縣從去年的46名上升到44名。2018年除夕NHK的紅白歌會被認為是其名次提升的原因。唱作歌手米津玄師在家鄉德島縣鳴門市的大塚國際美術館演唱,使這個地方備受關注。

「徳島県の魅力度の點數は、昨年9.8點から12.2點へと伸び、上昇率は全都道府県でトップになった」と田中社長が語るように、その影響はただならぬものがあったようだ。

田中社長(調查公司)指出“德島縣的魅力度分數從去年的9.8分提升到12.2分,上升率為全國第一”,可見米津玄師在紅白表演的影響力不一般。

「魅力度が高まった」「観光客が増えた」という一時の結果にあぐらをかかず、常に魅力があると思われるような地域活性化の取り組みが全國の自治體に求められる時代になっている。

如今日本全國的地方自治團體已經不再追求“魅力度上升”“游客增多”這樣一時的結果,而是已經進入致力于激活地方活力,讓人們始終能感受到其魅力的時代。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

精華閱讀推薦:訪日外國人最關注的紅葉觀光勝地TOP10