ラグビーW杯が盛り上がるなか、ドラマ『ノーサイド ゲーム』主題歌だった米津玄師の「馬と鹿」が絶好調だ。「Lemon」ロングセールスに始まり、昨年末の『NHK紅白歌合戦』出演、今回のヒットなど、話題に事欠かない米津。楽曲のパワーはもちろんだが、米津自身がすでに現代のカリスマと化しているように思える。その存在感は、どこか昭和の音楽界のカリスマ吉田拓郎を彷彿させる。二人の共通點と、時代を経ても通じるカリスマの條件とは?

橄欖球世界杯如火如荼進行中,由米津玄師演唱的電視劇《比賽完畢》(該劇講述的是企業橄欖球部的故事)主題曲《馬與鹿》亦勢如破竹。《Lemon》大熱多時,米津又出演了去年年末的NHK紅白歌會,再加上這次主題曲的熱度,米津玄師可謂話題不斷。音樂的力量自不必說,米津自身也已經成為現今音樂界的靈魂人物。那種存在感,就如同昭和時代音樂界的領袖吉田拓郎一般。而這二人的共同點,換言之,即使時代變遷,能成為領軍人物的始終不變的重要條件是什么呢?

本年度DL數1位2位獨占、フォロワー數は200萬人を突破

獨占本年度下載量第一第二,粉絲關注數突破200萬人

「オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング」(10/14付)で、米津玄師「馬と鹿」が8週連続の1位を獲得。「2019年度の累積DL(ダウンロード)數」で「Lemon」に次ぐ2位となり、米津作品が1位、2位を獨占する形となった。また、『NHK 2020応援ソングプロジェクト』の一環として米津が作詞 作曲 プロデュースを手掛けた、小中學生ユニットFoorinの「パプリカ」のミュージックビデオは、YouTubeで1億2900萬回再生(19年10月現在。ちなみに「Lemon」は約4.7億回再生)。彼の音楽は確実に、幅広い世代にまで浸透を続けている。

10月14日發布的oricon數字單曲周榜中,米津玄師的《馬與鹿》連續八周蟬聯第一。并且在2019年度累計下載量榜單中,位居《Lemon》之后拿下第二。米津的作品獨占了榜單第一第二名。另外,作為NHK2020應援歌曲項目的一個環節,由米津作詞作曲制作的,由中小學生組合Foorin演唱的《パプリカ》音樂錄像,在YouTube上播放次數達到1億2900萬次(截止19年10月。順便提一下,《Lemon》的播放次數是4.7億)。他的音樂,的確已經不斷滲透到各個年齡層。

一方、公式Twitterのフォロワーは200萬人を突破し、もともとニコニコ動畫出身の彼だけにネットとの親和性も高い。彼のファッションや髪形に影響を受ける若者も増え、テレビ番組で“米津系男子”が紹介されることもあった。音楽ばかりか、その存在までがリスペクトされるとあらば、米津はもはや、現代のミュージックシーンにおけるカリスマと化しているのではなかろうか。

另一方面,他的官方推特粉絲數突破200萬,原本就是從niconico動畫開始出名的他,網絡親和力相當高。越來越多的年輕人開始效仿他的穿搭、發型,還有電視節目專門介紹了“米津系男子”。不僅是他的音樂,他的存在本身備受敬重,已經成了現代音樂界的領軍人物。

昭和のカリスマ 吉田拓郎との共通點、「本流」以外からのスタート

與昭和領軍人物吉田拓郎的共同點,不是從“主流”發展起來的

ひと口に「カリスマ」と言っても、イメージは人それぞれ。その中にあっても、誰もが納得するカリスマ的アーティストと言えば、吉田拓郎、矢沢永吉、松任谷由実、長渕剛、桑田佳祐、尾崎豊、安室奈美恵、浜崎あゆみ、宇多田ヒカル…といったところだろうか。とりわけ、日本にフォークミュージックを広めた立役者でもある吉田拓郎と米津玄師には、昭和と平成~令和という時代の違いこそあるものの、數々の共通點を見ることができる。

說起“領軍人物”,每個人的想法也各不相同。其中,要說任誰都不可否認的領軍歌手,便是吉田拓郎、矢澤永吉、松任谷由實、長渕剛、桑田佳佑、尾崎豐、安室奈美惠、濱崎步、宇多田光這些人吧。尤其是將民謠音樂在日本傳播開來的吉田拓郎和米津玄師,雖然處于昭和與平成~令和,不同的時代,但還是有不少共同點的。

1つ目は、スタート地點が「本流」ではないこと。吉田拓郎のデビューはエレックレコードというインディーズからのリリースであり、米津玄師は動畫配信サイトへの投稿から注目されるようになった。いうなれば、メジャーレコード會社や音楽コンテストなどのメインストリームに背を向けたところから“のし上がってきた”存在だということだろう。

首先,他們都不是從“主流”發展起來的。吉田拓郎的出道曲是ELEC RECORDS這一獨立音樂公司發行的,而米津玄師則是從視頻網站投稿開始受到矚目的。也就是說,他們都是與主流唱片公司、音樂選拔大賽等主流背道而馳,“溯流而上”的存在。

ほとんどテレビに出ない、メディア露出の少なさで“神格化”

幾乎不上電視,極少在媒體前露臉而被“神化”

2つ目に、マスメディアの代表格である「テレビ」との距離を置いたこと。70年代、多くのミュージシャンがテレビの音楽番組への出演を拒否するという現象が続発したが、その原點が吉田拓郎だった。米津玄師もまた、新作のプロモーションにテレビ番組を利用することはほとんどなく、昨年末の『NHK紅白歌合戦』への出演で彼に初めて觸れた人も少なくなかったはずだ。それだけに、彼らがメディアに顔を出すこと自體が“事件”であり、その存在をさらに“神格化”させるファクターとなっていた。[/cn]

其次,他們都遠離代表大眾媒體的“電視”。上個世紀70年代,許多音樂人都拒絕出演電視音樂節目,起源便是吉田拓郎。米津玄師也沒有利用電視節目宣傳自己的新MV,估計還是有很多人是在去年紅白歌會上,第一次認識他。米津玄師出演電視節目這件事本身成為了“事件”,這也是他的存在被“神化”的原因之一。

[en]屈指のメロディメーカー、提供楽曲でも幅広い支持

屈指可數的旋律大師,提供的樂曲也受到廣泛支持

3つ目として挙げられるのが、両者とも前例のない屈指の「メロディメーカー」であるということ。吉田は音符に忠実に歌詞を當てはめるという、それまでの“王道”を覆し、字余りや字足らずを散りばめた畫期的な曲調でまったく新しい音の世界を創り上げた。米津も(影響を受けたサウンドはあるだろうが)型にはまらないサウンド構築と、言葉遊びも內包したリリックの融合で、前例のないスタイルを生み出した。しかもそれらは、コアな音楽ファンだけでなく、大衆からも支持されている。

第三,兩人都是獨一無二的旋律大師。吉田顛覆了之前音符和歌詞一一對應的王道做法,歌詞或多或少隨意分散開來用劃時代的曲調,創造了一個完全不同的音樂世界。米津(應該也受到了吉田的影響)作曲從不被形式拘束,歌詞有些玩文字游戲的感覺,打造出史無前例的音樂風格。而且他們的音樂不僅受到小眾粉絲的追捧,更是得到了大眾的認可。

さらに、自身の作品のみならず、吉田の場合は森進一の「襟裳岬」やキャンディーズの「やさしい悪魔」、米津は前出の「パプリカ」やDAOKOとの「打上花火」、菅田將暉に提供した「まちがいさがし」など、多彩なジャンルへ楽曲を送り出すことで、幅広い世代からの支持を得ることにも成功を収めてきた。

且他們除了自己的作品外,吉田為森進一寫的《襟裳岬》,為Candies寫的《溫柔惡魔》,前文提到的米津的《パプリカ》,和DAOKO合作的《打上花火》,為菅田將暉提供的《まちがいさがし》,都創作出了風格迥異的樂曲,從而得到了各個年齡層聽眾的支持,大獲成功。

マスとコア、それぞれに訴えかけてこそのカリスマ

小眾和大眾,拿下兩方才是真正的領軍人物

エンタテインメント黎明期であった昭和と、楽しみ方が細分化した現在。まったく異なる時代背景でも、共通するカリスマの條件とは何か? それは、マスとコアそれぞれに訴えかけ、時代をけん引することだろう。大衆に響き、ファンに熱狂的に求められてこそのカリスマである。

與娛樂黎明期的昭和時代相比,現在的娛樂方式更細分化。但即使在完全不同的時代背景下,領軍人物的共同條件又是什么呢?那必然是一種不管小眾還是大眾,全部通吃、能引領時代的力量吧。能讓大眾共鳴,讓粉絲狂熱追求的才是真正的領軍人物。

多くの人が吉田拓郎を「J-POPの原點」だと評す。それまでの“慣例”に抗い、獨自のスタイルをしっかりと保持し、新しい音楽を築き上げ、そこから次世代のカルチャーを生み出していった功績は、日本の音楽界を振り返れば明らかである。

很多人把吉田拓郎評價為“J-POP的開山鼻祖”。他與他之前的音樂“慣例”抗衡,始終保持自己的獨特風格,打造出了新的音樂世界,促進次世代文化誕生。回顧日本的音樂界歷史,就能對他這一份功績一目了然。

米津玄師は、もはや一つのジャンルで説明できるアーティストではなくなりつつある。吉田拓郎が、フォーク云々ではなく「吉田拓郎」という名稱ですべてを表現できたように、米津玄師もまた「米津玄師」という唯一無二の音楽表現の使者としての道を突き進んでいくことだろう。

米津玄師,已經是無法歸類的音樂人。就像吉田拓郎,已經不是民謠歌手可以概括的,“吉田拓郎”這個名字本身就代表了一切。米津玄師也將以“米津玄師”這一獨一無二的音樂表現者之名,在音樂的道路上不斷前行。

本翻譯為滬江日語原創,轉載請注明出處。

相關閱讀推薦米津玄師《馬と鹿》創2019日本個人單曲最高銷量