日語的第一人稱有許多種表達,根據說話者所在的場合、說話的對象以及自身的性別年齡等因素,也會產生差異,需要視情況選擇合適的第一人稱來使用。另外在文章中,即使是同一個人稱代詞,根據書寫方式(平假名、片假名或漢字的書寫方式)的不同,也會產生不同的效果。

常見的第一人稱:

わたし:日本人が最も多く使用する一人稱である。わたくしのくだけた言い方。近世以降に見られる語で、現代では男女ともに用いるが、近世には女性が多く用い。

わたし:日本人使用最多的第一人稱。比“わたくし”更隨意。是近代以后產生的詞,現在男女都可以使用,但當時主要是女性使用的人稱代詞。

わたくし:多く、目上の人に対する時や、やや改まった場合に用いる。男女ともに使う。

わたくし:多用于和比自己年長或地位高的人交談或者比較鄭重的場合。男女都可以使用。

あたし:わたしのくだけた言い方である。日本の多くの女性は「わたし」かこの「あたし」を使う。

あたし:比“わたし”更隨意。日本大多數的女性都是使用“わたし”或“あたし”。

あたくし:「わたくし」のくだけた表現。創作の世界では高慢な女性の一人稱として用いられるが、実際の日常生活で聞くことは少ない。

あたくし:比“わたくし”更隨意。藝術創作中多為高傲女性的自稱,但實際上在日常生活中很少使用。

自分:スポーツ選手など、いわゆる體育會系の男性がよく使用する。文章でもしばしば使われる一人稱であり、その場合は女性も用いる場合もあるが、改まった文章やビジネス文書では使われない。

自分: 體育選手等體育會系男性經常使用。在文章中也是經常被使用的第一人稱詞,女性在文章中也會使用的自稱,但在比較正式的文章或者商務文書中是不會使用的。

*體育會系是指參加運動社團的人或這類人普遍的性格,比如重視集體、紀律和榮譽,處事積極,看重前后輩關系等等。

僕:主に男性が私的な場面で用いるが、ある程度フォーマルな場での使用も許容される。基本的に若年層が使用する。大人が使用した場合は、わたくし、わたしよりくだけた表現となる。

僕:主要是男性私下使用。但也允許在一定程度的正式場合上使用。基本上是年輕人用。如果成年人使用的話,顯得比“わたくし、わたし”隨意一些。

俺:多く男性に使用されている。鎌倉時代までは二人稱として使われたものが、次第に一人稱に転用され、江戸時代には貴賎男女を問わず幅広く使われた。明治以降になると共通語では女性の使用者は少なくなった。

俺:多數是男性使用。直到鐮倉時代都是第二人稱,后來逐漸轉變為第一人稱,到江戶時代不論男女貴賤開始普遍被使用。明治以后在通用語中女性使用“俺”的情況開始減少。

手前:自分のことを謙遜していう語。

手前:自謙的說法。

歷史上的第一人稱:

あっし、あちき、あてくし、おんら、みたくし、やつがれ、わちき、某(それがし)、己(おのれ)、身(み)、余(よ)、愚(ぐ)、拙(せつ)、児(じ)、生(せい)、朕(ちん)、妾(わらわ)、賤(しず )、?吾(あ/あれ)、臣(しん)、我(われ)、我輩?吾輩(わがはい)、拙者(せっしゃ)、拙生(せっせい)、拙子(せっし)、拙僧(せっそう)、拙老(せつろう)、下名(かめい)、下拙(げせつ)、愚身(ぐしん)、愚生(ぐせい)、愚拙(ぐせつ)、愚僧(ぐそう)、愚老(ぐろう)、愚臣(ぐしん)、小生(しょうせい)、小官(しょうかん)、小子(しょうし)、小弟(しょうてい)、小妹(しょうまい)、野錫(やしゃく)、野生(やせい)、野拙(やせつ)、野僧(やそう)、野衲(やのう)、非才(ひさい)、不才(ふさい)、不佞(ふねい)、 不肖(ふしょう)、吾人(ごじん)、吾曹(ごそう)、身共(みども)、乃公(だいこう)、乃翁(だいおう)、迂生(うせい)、迂拙(うせつ)、迂叟(うそう)、劣生(れっせい)、老生(ろうせい)、余輩(よはい)、貧道(ひんどう)、晩生(ばんせい)、戯奴(わけ)、寡人(かじん)、此れ(これ)、此方(こち/こっち/こなた/こちら)、此の方(このほう)、此方人等(こちとら)、何某(なにがし)、手前(てまえ)、麻呂(まろ)、我が黨(わがとう)、我が身(わがみ)など

方言中的第一人稱:

あが、あたい、あだす、あて、うち、うら、おいどん、おら、おの、おいら、おり、おい、おりゃ、おらっち、おれっち、おわ、おどん、わだす、わ、わい、わす、わたい、わし、わて、わっち、わら、わん、わっし、わぬなど

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閱讀推薦:深度揭秘:日語中“あなた”的用法