Q:漢字で「親子丼」と書いてあったら、「おやこどん」と読んだらよいのでしょうか。あるいは「おやこどんぶり」と読んだほうがよいのでしょうか。

Q:漢字寫作“親子丼(雞肉雞蛋蓋澆飯)”,假名是讀作“おやこどん(oyakodonn)”還是讀作“おやこどんぶり(oyakodonnburi)”呢?

A:どちらで読んでもかまいませんが、「おやこどん」と言う人が多いようです。

A:讀哪個都可以,不過說“おやこどん(oyakodonn)”的人比較多。

<解説>

解說

少々長い話になりますが、お付き合いください。漢字を使う目安は「常用漢字表」というものをもとにするのですが、これは國が定めています。1981(昭和56)年に定められた常用漢字表には、「丼」という字は含まれていませんでした。どういうことかと言うと、この「丼」の字は學校教育で教える必要がなく、また新聞や放送でも基本的に使わないということになっていたのです。「親子どん」または「親子どんぶり」という書き方をしていました。

前言稍長,還請諒解。漢字使用標準是以國家規定的《常用漢字表》為基準。1981年(昭和56年)制定的常用漢字表中,并沒有包含“丼”這個字。要說為何,應該是因為這個漢字沒有在學校學習的必要,報紙和電視節目也基本不使用這個漢字,都是直接寫作“親子どん”或者“親子どんぶり”。

その後2001(平成13)年に、新聞社?放送局が加盟する日本新聞協會で、常用漢字表に含まれていない「丼」などの漢字39字をマスコミとして獨自に使用することに決めました(なお常用漢字表はその後2010(平成22)年に改定され、現在のものでは「丼」も含んでいます)。そしてNHKでも、2002(平成14)年度の放送から、「親子丼」という書き方をすることができるようになったのです。

之后2001年(平成13年),報社和電視臺都加盟的日本新聞協會決定,在信息傳播中加入常用漢字表中沒有的,包括“丼”在內的39個漢字。(常用漢字表在2010年(平成22年)進行了修改,現在的版本中有“丼”)從2002年(平成14年)NHK的節目中就開始使用“親子丼”這樣的寫法。

2001年におこなわれたNHKの放送用語委員會で、「丼」の字を採用するのにあたって「どんぶり」「どん」の2通りの読み方をすることが承認されます。このとき、次のような考え方が示されていました。

在2001年舉行的NHK放送用語委員會中,在決定采用“丼”這一漢字的同時,也承認了它有“どんぶり”“ どん”兩種讀法。這時就出現了下面這樣的看法。

用語班の考え方は、容器としての「丼」は「どんぶり」のみ、また料理名は原則として「~どん」を第一とし、「親子丼」など、前に付くことばが省略形でない場合は「~どん」「どんぶり」の両方を認めようというものである。

NHK用語班認為,表示容器時,“丼”只能讀作“どんぶり”。作為菜名,原則上“~どん(donn)”是首選,像“親子丼“這種,前面的名詞不是縮略名稱的話,則“~どん”或者“どんぶり”皆可。

具體的に考えてみると、「天丼」「うな丼」は「てんぷらどんぶり」「うなぎどんぶり」を略したもので、「天どんぶり」「うなどんぶり」とはなりません。また「牛丼」や「かつ丼」(「ネギトロ丼」「ロコモコ丼」???)も、「牛どんぶり」「かつどんぶり」と言う人は、あまりいないように思います。一方、「親子丼」や「鉄火丼」などの場合には、「~どん」「~どんぶり」の両方が使われています。ただし、この2つも実際には「~どん」と言う人のほうが多く、特に20代や30代ではその傾向が強いようです。

具體來說,比如“天丼”“うな丼”分別是“てんぷらどんぶり(天ぷら丼:天婦羅蓋澆飯)”“ うなぎどんぶり(うなぎ丼:鰻魚蓋澆飯)”的省略。另外,“牛丼(牛肉蓋澆飯)”和“かつ丼(炸豬排蓋澆飯)”(“洋蔥金槍魚蓋澆飯”“牛肉餅雞蛋蓋澆飯”……),不怎么有人會說“牛どんぶり”“ かつどんぶり”。另一方面,“親子丼”“鉄火丼(生金槍魚蓋飯)”則即可以讀作“~どん”,也可以讀作“~どんぶり”。但是,實際上這兩種蓋澆飯,用“~どん”的人較多。特別是20多歲和30多歲的人,這種傾向比較強。

翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閱讀推薦:

日本人瘋狂愛上四川料理,但他們吃的其實是“假”菜?!

好看又美味:日本主婦火遍INS的“多謝款待飯團”